水に浮くリュック

水に浮くリュック?

まずはこんな感じです。
浮力材入りリュックなのです。

水に浮く防災セット浮いている様子
画像はアットレスキューさんよりお借りしています。

水に浮くリュックの仕組み

肩ベルト・背当て・腰ベルトに浮力材が入っています。

リュックサックが空の状態で約80kgまで浮かすことができます。
荷物を入れると約80%から90%の浮力となるようです。

リュックを分解してみた

夜間に光る反射材とホイッスルがついています。

肩ベルトと腰ベルトに浮力材が入っています。
背中部分にはビート板のような浮力材も入っています。

両脇にメッシュのポケットがついていてペットボトルなどが入ります。

腰ベルトは外せます。

背中部分に簡易防災頭巾が入っていました。
ヘルメットを持っている方でも避難所で座布団として使えますね。

背負って肩が痛くならないリュック

「非常用リュック」の画像検索結果

このようなリュックでは荷物を入れたら肩紐が食い込んで方が痛くなってしまいますよ。

リュックは軽いモノを

背負ってみて走れるくらいの重さでないと災害時の移動は厳しいと言います。
女性では中身を入れて6㎏くらいまでとされています。

リュック自体が軽いモノがいいですね。

我が家では荷物を入れて4.1㎏です。
リュックの中身は自分で用意すれば大丈夫!
「なにを入れたらいいのか?」
「ごそごそ中身を探さなくてもすぐにリュックの中身が取り出せる」
これらをお伝えする出張講座もあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です